建設労働者などの入国規制、7月に一段緩和

シンガポール人材開発省は、建設・造船・プロセス(石油、化学など)分野の外国人単純労働者の入国規制を7月から一段と緩和する。新型コロナウイルス関連の規制を緩和する動きの一環となる。 入国前に専用施設で2日間待機してもらう枠組み「出発前準備プログラム(PDPP)」…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 化学その他製造建設・不動産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年で当地の気温は…(08/16)

小売業の基準賃金が年8%超増 9月から3年間、2万人近く対象(08/16)

信金中金、販路開拓支援で初の実店舗活用(08/16)

OCBCと政府の決済サービス、利用90万件(08/16)

建設業界、業務再開で雇用拡大・賃上げ進む(08/16)

歩道橋のエレベーター、250カ所に追加設置へ(08/16)

シンガポール行き社用旅行、コロナ前超えに(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン