• 印刷する

マルチスズキの工場で水素活用法を模索へ

水素関連の事業を行い、山梨県が50%出資する、やまなしハイドロジェンカンパニー(YHC)とスズキは2日、両社の共同提案が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した2022/23年度(22年4月~23年3月)のエネルギー効率化に関する実証事業に選ばれたと発表した。22/23年度を皮切りに今後数年、インド北部ハリヤナ州にあるスズキ子会社マルチ・スズキのマネサール工場で、水素の有効活用法を模索する。

山梨県の担当者によると、具体的には、太陽光などを使って水を分解して水素をいったん製造。その後、高圧圧縮や液化、金属吸着による貯蔵を経た上で、熱に変換して自動車製造に生かす仕組みを検討する。関係者間では、水素ボイラーで生んだ熱を車の塗装工程に生かす案などが浮上している。

22/23年度はまず、電力や水をしっかり確保できるか、インドの法令に抵触しないか、コスト面で問題が生じないかなど、事業化の可能性を調査する。23/24年度以降は、NEDOの承認をその都度得ながら、関連機器の設計や製作、設置とステージを徐々に進め、最短で27/28年度の稼働を目指す。

YHCは、山梨県のほか、東京電力ホールディングスと東レが25%ずつ出資し、22年2月に設立。水素の製造・供給・販売の本格化や関連システムの普及を進めている。スズキとは、21/22年度に日本貿易振興機構(JETRO)から紹介を受け、協業の議論を開始。22年3月にNEDOの募集に共同で応募した。22/23年度の事業費に関してはNEDOの全額負担で、約2,000万円の見込み。

製造現場では、工程上、高温が必要であるほど、石炭や石油など化石燃料が重宝し、燃焼時に二酸化炭素(CO2)が発生する。水素は燃焼してもCO2が出ず、YHCはこの高温工程での置き換え需要を狙っている。取引先に提供する水素自体も、生成過程でCO2を排出しないグリーン水素にこだわっている。

スズキ子会社マルチ・スズキのマネサール工場=インド北部ハリヤナ州(スズキ提供)

スズキ子会社マルチ・スズキのマネサール工場=インド北部ハリヤナ州(スズキ提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:デリー首都圏(NCR)…(08/16)

7月乗用車販売は11%増 ローン金利上昇を懸念、自工会(08/16)

今後25年で先進国入り、首相が目標表明(08/16)

7月の二輪販売は前年比9.6%増(08/16)

スズキ、CNG対応のスイフト発売(08/16)

起亜、SUVセルトスの累計販売30万台突破(08/16)

アショク傘下、地場に電動バス5千台供給(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン