外資社員の平均賃金240万円、21年調査

中国国家統計局によると、外資企業(香港・マカオ資本企業など除く)で働く従業員の2021年の年間賃金は平均12万6,019元(約240万円)となった。前年から名目で12.4%増え、3年ぶりの2桁増を記録した。企業形態別で見ても、国有企業などを上回って最高だった。 21年の中国の賃…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕村上開明堂など(06/27)

テイクオフ:成田空港に降り立つと、…(06/27)

政府が過度な移動規制を批判 上海市民の市外移動の隔離緩和へ(06/27)

中国との資源開発協議打ち切り、外相(06/27)

独占禁止法を初改正、8月1日施行(06/27)

SKの地場ファウンドリー買収、中国も承認(06/27)

石炭業界2団体、夏の供給確保を指示(06/27)

中小企業、「人材採用凍結」2割=民間調査(06/27)

物流レオ、中国国営企業と戦略提携(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン