• 印刷する

マレーシア航空が羽田線開設、日本4路線目

マレーシア航空は20日、8月14日からクアラルンプール―羽田路線を開設すると発表した。10月27日までは週2往復の運航となる。日本路線としては4路線目。

クアラルンプール発羽田便(MH36)は日・水の運航。午後2時45分に出発し、午後10時35分に到着する。

一方、羽田発クアラルンプール便(MH37)は月・木の運航で、午前0時25分発、午前6時15分着となる。

使用機材はA330―300で、ビジネスクラス27席、エコノミー247席、エコノミー・エキストラレッグルーム16席の計290席となる。

マレーシア航空はこれまで、クアラルンプールー成田線、クアラルンプールー関西線、サバ州コタキナバル―成田線を運航してきた。羽田線の就航により、マレーシア・日本国内各地での乗り継ぎ強化を図るとしている。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染2025人、累計で456万人超え(16:16)

ペナン州の製造業投資額、1Qは63億リンギ(18:22)

ランカウイ空港隣接地開発、10月に1期完成(18:21)

新型コロナの感染対策違反、取り締まり終了(19:29)

テイクオフ:何の気なしに友人のイン…(06/29)

台湾の緯穎、プリント基板製造 3億リンギでジョ州に工場建設へ(06/29)

【食とインバウンド】日本のハラールトラベル2.0 第36回(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン