鉄鋼輸入抑制には高炉5基必要、産業省見解

インドネシア産業省は、鉄鋼の輸入を抑制するには、国内に年産能力120万トンの高炉が5基必要との見解を示した。15日付インベストール・デーリーが伝えた。 金属・機械・輸送機器・電子機器(ILMATE)局のタウフィック局長が14日、国会第7委員会の公聴会で、国内需要に基づ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

23年のマクロ経済指標に合意、政府と国会(22:12)

バタム―シンガポール、フェリー料金値下げ(21:54)

テイクオフ:コロナ下の2020年に…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

ネット利用2億人突破 普及8割迫る、コロナで利用頻度増(06/28)

補助金ガソリン、7月から試験的に販売制限(06/28)

産業相訪日、自動車部品フォーラムに出席(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン