中国が米に報復関税可能、WTO

【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は26日、米国が中国製太陽光パネルなどに課した相殺関税は不当として、年間最大で約6億4,000万ドル(約730億円)相当の米製品に対して報復関税を中国が発動できる仲裁決定を出した。 米国は2007~12年に中国からの鉄鋼・アルミ製品など…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ついにこの日が来た。高…(05/26)

経済対策、コロナ払拭は困難 今年4%成長か、インフラに依存(05/26)

豪新政権、太平洋外交を強化 外相がフィジー訪問、中国けん制(05/26)

コロナ国内感染、7日連続の百人台(05/26)

重慶―マンダレー間、鉄道利用の新輸送路(05/26)

人民銀、金融機関の貸し出しを促進(05/26)

〔ミ島通信〕鉄道事業、現政権で着工困難(05/26)

QCフリート、東風小康製のEVバンを投入(05/26)

中央政府、遊休資産活用で投資拡大(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン