コロナ後の訪日需要も見据え JALが対中越境EC支援(下)

日本航空(JAL)が27日から始めた中国とのクロスボーダー電子商取引(越境EC)の支援事業は、単なる物販にとどまらない。日本の地方特産品の売り込みを通じ、各地方の観光地としての魅力もアピールする計画だ。「アフターコロナ」が到来し、日中の往来が再開してインバウンド…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国営製鉄、高炉再稼働に向け中国宝武と覚書(20:22)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(21:11)

上海市、リスク地域からの訪問者に隔離措置(17:23)

コロナ国内感染、28日は54人(11:24)

コロナ国内感染、26日は80人(05/28)

コロナ国内感染、27日は71人(05/28)

ラオス中国鉄道、6月下旬に物流施設と接続(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン