• 印刷する

テイクオフ:広州では今、昨年進出し…

広州では今、昨年進出した日本の回転ずし店が人気だ。市中心部のほど近い場所に既に複数の店舗を出した。1号店の開店当初は混み具合がすごく、待ち時間は最大3時間に及ぶことも。これはもう東京ディズニーランド並みだ。

店舗責任者に話を聞くと、新鮮なネタを仕入れたり、従業員教育に力を入れたりといった企業努力を怠らないのだという。

ただ、努力はそれだけではなさそうだ。店舗近くを歩いていると、ここぞという場所に看板や広告が出してある。「ここにあると、店舗に誘導しやすそうだな」と思われる場所に狙いを定めているのがよく伝わってくる。それを店舗周辺にいくつも張り巡らせている。広告費が高そうな場所もあるが、そこは「勝負」と思い決めているのだろう。まぐれで人気が出るものではないのだろうな――。街中を歩きながら、そんなことを考えてみた。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

LPR5年物引き下げ、中長期融資促す(12:16)

上海の防範区、感染者出ればリスク地域指定(14:44)

コロナ国内感染、19日は176人(11:52)

セポン鉱山、新たな地下金鉱の開発事業始動(05/20)

コロナ国内感染が縮小 無症状は1000人割り込む(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

5月中に最大限の経済対策実施を、李首相(05/20)

ステランティス、23年にEV発売へ(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン