中租が台南で太陽光発電施設、台湾最大規模

台湾リース大手の中租控股傘下で太陽光発電事業を手掛ける中租能源開発はこのほど、台南市七股区で台湾最大規模の太陽光発電施設を着工したと発表した。2023年6月の完工を見込む。 5カ所のエリアからなり、総面積は287万平方メートル。発電設備容量は計296メガワット、年間発電…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、20日は8万5720人(16:08)

メタバース活用の機運高まる 鴻海、仮想展覧の新興企業と提携(05/20)

米テスラ、年内に投資実施か 中ジャワ州が候補、投資相が言及(05/20)

新型コロナの域内感染者、19日は9万331人(05/20)

唾液検査キット、ハイライフで20日販売開始(05/20)

自主防疫中の出勤、雇用主は拒否不可=労働部(05/20)

ベダンタ半導体事業、工場の設置協議が難航(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン