北京の12月CPIは1.8%上昇、0.6P鈍化

国家統計局北京調査総隊は13日、北京市の2021年12月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比1.8%上昇したと発表した。上昇率は前月から0.6ポイント鈍化し、3カ月ぶりに1%台となった。食品価格が落ち着いた。 CPIを構成する8項目のうち、6項目が上昇。項目別に見た上昇率…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ルアンナムターの中国国境、コロナで閉鎖(01/27)

テイクオフ:春節(旧正月)が迫って…(01/27)

日本の地方活性化を後押し JALが対中越境EC支援(上)(01/27)

政府「今年は減税に注力」、景気の回復図る(01/27)

プロトン、杭州アジア大会の公式車両に(01/27)

RCEPの指導意見、地方経済を発展へ(01/27)

IMF、中国のGDP予測を0.8P下方修正(01/27)

UOB銀行、中国法人に20億元注入(01/27)

粗鋼生産6年ぶり減少、21年は10.3億トン(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン