【10大・第5位】低炭素社会実現へ、世界と歩調

2021年はフィリピンが世界的な気候変動対策の動きに歩調を合わせ、低炭素社会へ大きくかじを切った年となった。地場大手財閥を中心に、民間企業も環境エネルギーへの移行に向けた取り組みを加速させた。 政府は4月、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に基づき、30年まで…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国との資源開発協議打ち切り、外相(13:08)

中銀、0.25%追加利上げ 2会合連続、インフレ抑制へ(06/24)

次期運輸相に元比航空社長、マルコス氏指名(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

トヨタ現法、35年にCO2排出ゼロ(06/24)

陸・空の運賃値上げ検討、政府当局(06/24)

〔セブ通信〕アボイティス、電動バスの新路線(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン