• 印刷する

テイクオフ:来年の春節(旧正月、2…

来年の春節(旧正月、2月1日)連休に一時帰国するかどうかを考えていたところ、南アフリカなどで新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が確認された。水際対策として、日本の国土交通省が1日、日本に到着する全ての国際線の新規予約を12月末まで停止するよう航空会社に要請したとのニュースが舞い込んできた。

ここのところ台湾、日本ともに感染が落ち着き、隔離規制の緩和に期待を持っていたが、今回は感染防止の緊急避難的な予防措置だという。水際対策が刻々と変わる中、振り返ればもう2年くらい日本に帰っていない。

コロナのまん延前、台湾と日本は多数の航空路線で結ばれ、旅行者の往来が活発だったことを思うと、一時帰国のハードルがここまで上がった現状には隔世の感すらある。以前のように日本に帰ることができる日はいつ来るだろうか。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ちょっと寄ってもいい…(01/25)

卸・小売業売上高が過去最高 21年、飲食業は2年連続マイナス(01/25)

EVエコシステム整備を加速 官民、鴻海など台湾系2社と覚書(01/25)

コロナ警戒第2級延長、2月7日まで(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

新型コロナの域内感染、24日は15人(01/25)

TSMCやUMC、在宅勤務実施(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

メルクのコロナ飲み薬、第1弾が台湾到着(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン