• 印刷する

テイクオフ:韓国ではこの時期、長ズ…

韓国ではこの時期、長ズボンを履いた女子学生を見かける。男子生徒と同様、スラックスの着用を認める学校が増えているためだ。儒教の伝統から家父長的な男女観を持つとされる韓国だが、こうした面のジェンダー平等化は進んでいる。

例えば、日本では女性のマナーとされる職場でストッキングやハイヒールの着用を求める文化は無いし、ノーメークの女性もいれば、メンズメークをして働く男性もいる。社会全体でも、国会議員や閣僚の女性比率はいずれも日本の約2倍だったり、企業における男性の育休取得者も全体の24%を占めたりと、平等化に向けた努力がみられる。

しかし一部業界では依然「ガラスの天井」が分厚く残るほか、男性の義務兵役問題や、ジェンダー以外の平等も議論の余地がある。女子のスラックス制服のように、社会も変化すればと祈るばかりだ。(瑞)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では自然信仰の影響…(01/26)

21年のGDP成長率4.0%増 輸出と消費回復、今年は懸念強く(01/26)

地方8割がGDP目標を達成 21年実績、今年は低めの設定に(01/26)

新規感染者8571人、過去最多を更新(01/26)

韓国SK、ベトナム太陽光事業で合弁(01/26)

ブースター接種29.5万人増、接種率49.8%(01/26)

21年の電話輸出、6.5兆円で過去最高(01/26)

JACホワイトカラー求人、4Qは75%増(01/26)

現代自・起亜、安全管理強化へポスト新設(01/26)

使い捨てカップ、6月からデポジット負担へ(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン