SK E&S、保寧市にブルー水素プラント

韓国SKグループでエネルギー事業を手掛けるSK E&Sは26日、ブルー水素プラント建設に向けて、忠清南道と同道保寧市、韓国電力公社傘下の韓国中部発電と業務協約を締結したと発表した。2025年までに5兆ウォン(約4,700億円)を投じ、年産25万トン規模の生産・流通を目指す。…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ブースター接種29.4万人増、接種率49.8%(10:19)

新規感染者8571人、過去最多を更新(10:18)

テイクオフ:青瓦台(大統領府)は2…(01/25)

22年の日系昇給率3.8%予測 昨年上回る、経営負担が鮮明に(01/25)

新規感染者7513人、死者25人増(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

ブースター接種1.3万人増、接種率49.2%(01/25)

オミクロン株が主流に、医療体制の転換へ(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

在宅勤務者114万人、コロナ前の12倍に(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン