• 印刷する

テイクオフ:バリ島での外国人観光客…

バリ島での外国人観光客の受け入れ再開や、入国後の隔離期間を5日間に短縮するという話は、関連規定が制定される前から地元ニュースでも取り上げられていた。しかし、入国には新型コロナワクチン接種後2週間が経過していることとする新たな条件の追加は、寝耳に水だった。規定公布日の翌日から施行されるという急な発表に、慌てて渡航予定を変更した人も多かったのでは。

日々状況が変わる中では「まず走りだして、その後で方向修正」という強気のかじ取りも必要なのだろう。制限を緩和して、結果として感染者が増えたのでは、元も子もない。そう納得するしかないが、渡航日程の変更で無駄になったPCR検査にかかった費用を考えると、恨み言が出てくるのも無理はない。

コロナ下の生活には慣れてきた。そろそろ、政府の突然の発表にも動じないよう慣れなければ。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアの配車アプ…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

首都圏をレベル2に強化 感染対策、オフィス出社50%に(12/01)

22年度税収、国税規則調和法で拡大を期待(12/01)

22年予算執行、保健などに注力=大統領(12/01)

国営石油、首都沖で2000万バレルの油田発見(12/01)

ペリタ・エア、A320で首都拠点の路線就航(12/01)

包装材トリアス、フィルム生産能力を増強へ(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン