• 印刷する

テイクオフ:国内での新型コロナウイ…

国内での新型コロナウイルス感染者急増に伴い、政府が感染対策を頻繁に見直している。9日にはワクチン未接種者の商業施設入場を禁止するとの発表があった。当初は13日に開始予定だったが、市民から「実施が急すぎる」との声が上がったこともあり、19日まで猶予期間が設けられた。期間中は未接種者でも商業施設に入場できるという。

わが家は今回の発表に一喜一憂した。夫はワクチンを1回しか接種しておらず、9日には「当分商業施設に入れない」と嘆息したが、猶予期間の発表を受けて先週末にモールで買い物ができた。政府は商業施設に対し、猶予期間中も入場者にワクチン接種の有無を確認し、未接種者には新規定を念押しするよう求めている。

ただ別のモールでは「ワクチン接種者のみ入場可」との張り紙があった。頻繁に変わるコロナ規制に混乱する人も多いのではないか。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小売店のレジで、たまた…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

ライブコマースで売り上げ拡大 食品卸アングリスの挑戦(上)(12/02)

公共機関3者、電子インボイスの運用開始(12/02)

ポルシェ、EV充電設備で電力SPと提携(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

港湾運営PSA、米物流企業BDPを買収(12/02)

ロボット新興企業、スイス社と合弁会社設立(12/02)

ロボアドのエンダウアス、3500万Sドル調達(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン