EV普及率、25年に1%、30年に30%超目標

ラオス政府はこのほど、同国を走行する車両に占める電気自動車(EV)の割合を、2025年に全体の1%、30年に30%以上とする目標を明らかにした。EVの導入推進で温室効果ガスの排出量を減らすとともに、貿易赤字の要因となっている燃油の輸入削減を図る方針だ。ビエンチャン・タ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

暗号通貨の取引停止、中銀がプーシーに指示(11/30)

【ラオス経済通信】中老鉄路の開通準備が大詰め 第167回(11/30)

ラオス―ゲアン省間の送電網、建設開始(11/30)

周辺国から労働者40万人受入れ、政府が計画(11/30)

11月外国人旅行者数、観光再開で4波後最多(11/30)

22年の電力需要は8~12%増 EVN、北部で追加輸入も検討(11/29)

1~9月国境貿易32%増、輸出入とも2桁増(11/29)

貿易収支、10月は4500万ドルの赤字(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン