温室効果ガス、過去10年で34%削減

ラオスのパンカム首相は、同国の温室効果ガスの排出量を2000~20年の20年間で34%削減したことを明らかにした。ラオス・タイムズ(電子版)が5日伝えた。 パンカム首相は、9月下旬の国連総会にオンラインで参加し、「ラオス政府は気候変動問題に優先的に取り組んでいる」と説明…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

22年の電力需要は8~12%増 EVN、北部で追加輸入も検討(11/29)

1~9月国境貿易32%増、輸出入とも2桁増(11/29)

貿易収支、10月は4500万ドルの赤字(11/26)

25日はコロナ感染1504人、死者1人(11/26)

4Qの鉱物販売、4.6億米ドル見込む(11/25)

24日はコロナ感染1336人、死者5人(11/25)

ラオスと覚書、国境付近の安全協力強化で(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン