小売店の棚代上限撤廃、中小零細業者が批判

インドネシア政府が計画している小売店の棚代の上限撤廃について、中小零細業者が懸念を示している。ジャカルタ・ポストが26日伝えた。 小売店で商品を陳列する際にメーカーが支払う棚代は2013年以降、法律改正を経ても、小売業者の規模にかかわらず一律15%以内と定められている…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マレーシアなど域内3国の直行便、再開決定(10/26)

テイクオフ:数年前に当地の電子商取…(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

シャープがネット販売本格化 新サイト開設、家電以外も(10/26)

台湾の鴻海がEVと電池生産を計画=投資省(10/26)

LRT試運転で衝突事故、運転士が軽傷(10/26)

ユニリーバ現法、1~9月は20%減益(10/26)

加糖清涼飲料を課税対象へ、2022年から(10/26)

炭素取引の大統領令を規定へ、COP26前に(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン