年産1000万トンの鉄鋼産業地目指す=大統領

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は21日、バンテン州チレゴンに新設された国営製鉄クラカタウ・スチールの連続熱間圧延第2工場の稼働を宣言した。熱間圧延コイル(HRC)の年産能力は150万トン。将来的に生産能力を増強し、2025年にチレゴン地区を年間1,000万トン規模の…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国営企業への支援打ち切りも、大統領方針(10/19)

石炭生産量減少の懸念、多雨の影響で(10/19)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

ジョコ氏就任7年、高速鉄道で批判(10/20)

パリバゲット、インドネシア首都に1号店(10/20)

テイクオフ:バリ島での外国人観光客…(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン