〔政治スポットライト〕ダーウィン港の中国権益、豪政府は意見二分

オーストラリアのモリソン政権では、北部準州(NT)のダーウィン港について、中国のエネルギー・インフラ企業の嵐橋集団(ランドブリッジ)が持つ99年リース権の取り消し案を巡り閣僚の意見が二分しているようだ。ペイン外相とダットン国防相は来週、豪米閣僚対話(AUSMIN…

関連国・地域: 中国韓国インドネシアオーストラリアインド日本米国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末、外からギターをつ…(10/20)

豪M&A総額、過去最高か 好調企業がコロナ後にらむ(10/20)

ANA、シドニー路線の追加運休便を発表(10/20)

ゲーム機アリストクラット、英賭博企買収へ(10/20)

セネックス、韓ポスコから8億$超の買収案(10/20)

〔政治スポットライト〕12月11日総選挙の可能性あり?野党が警戒(10/20)

運輸大手3社がまたストへ、雇用保障巡り(10/20)

在宅勤務の税控除簡素化、来年6月まで延長(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン