外国人労働者専用の接種会場設置を検討

マレーシア政府の新型コロナウイルス予防接種作業部会(CITF)は、ワクチン接種の円滑化に向けて、多言語での対応が可能な外国人労働者向け接種会場の設置を検討している。国営ベルナマ通信が7月29日伝えた。 首都クアラルンプール中心部のクアラルンプール・コンベンション…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ロックダウン(都市封鎖…(09/23)

資本市場の成長へ第3次計画 証取委が発表、6本柱で構成(09/23)

新規感染1.49万人、累計214.3万人(09/23)

ジョ州が第2期へ、さらなる規制緩和を発表(09/23)

RM1=26.1円、$1=RM4.19(22日)(09/23)

ホテル大手、24年までに世界10都市で開業(09/23)

コロナ対策規制合理化、前首相が閣僚に要請(09/23)

国産ワクチン開発、11月に行程表を公表(09/23)

国家接種計画、予算の3割超を消化(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン