【ラオス経済通信】世界最大級の水上太陽光発電所を建設へ 第163回

■世界最大級の水上太陽光発電所を建設へ 7月12日、フランス電力(EDF)は、中部カムアン県ナカイ郡のナムトゥン2ダムの湖面を活用する水上太陽光発電事業(Nam Theun2-Solar)のプロジェクト開発で、ラオス政府と合意し調印した。同事業は、EDFとラオスの国営投資会社ラ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

数次査証発給、祖先がラオス人の海外在住者(09/17)

コロナ予防策の実施延長、感染は154人(09/17)

ケッペル、ラオスからの電力供給で合意(09/17)

CKパワー、ラオス水力発電で事業化調査(09/17)

ラオス・タイ第5友好橋、工事進捗は14%(09/16)

15日は223人、新型コロナ感染(09/16)

8月の貿易赤字、2400万米ドルで今年最少(09/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン