【ラオス経済通信】世界最大級の水上太陽光発電所を建設へ 第163回

■世界最大級の水上太陽光発電所を建設へ 7月12日、フランス電力(EDF)は、中部カムアン県ナカイ郡のナムトゥン2ダムの湖面を活用する水上太陽光発電事業(Nam Theun2-Solar)のプロジェクト開発で、ラオス政府と合意し調印した。同事業は、EDFとラオスの国営投資会社ラ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ラオテレコム、工業団地開発アマタと提携(01/28)

27日はコロナ感染695人、死者1人(01/28)

ルアンナムターの中国国境、コロナで閉鎖(01/27)

26日はコロナ感染579人、死者4人(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

ガルフ、中国企業とラオスで水力発電所開発(01/27)

21年12月のインフレ率、5.3%に(01/26)

25日はコロナ感染560人、死者2人(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン