欧州の炭素関税、輸出への影響を懸念

インドネシアのルトフィ貿易相は、欧州連合(EU)が導入を予定している輸入品の二酸化炭素(CO2)排出量に応じた課税制度「炭素国境調整メカニズム(CBAM)」が、インドネシアの経済に影響をもたらすとの懸念を示した。ジャカルタ・ポストが27日伝えた。 CBAMは、鉄…

関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小田実の旅行記『何でも…(09/23)

【アジア本NOW】『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』(09/23)

NTT、3カ所目を近く稼働 データセンターの開設相次ぐ(09/23)

来年の祝祭日、レバランは5月2~3日に(09/23)

アジア21年成長率引き下げ、7.1%予想(09/23)

感染リスクのレッドゾーン、全国で0地域に(09/23)

自動車生産台数、8月は前月比35%増加(09/23)

ホテル大手、24年までに世界10都市で開業(09/23)

エネ鉱省、EV充電インフラ参入後押し(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン