シンプリワーク、事業拡大で6千ドル調達へ

共用オフィス(コワーキングスペース)を展開するインドのシンプリワーク・オフィシズは、国内事業の拡大や海外進出に向けて、株式発行を通じて年内に5,000万~6,000万米ドル(約55億~66億円)を調達する予定だ。PTI通信が25日に伝えた。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響…

関連国・地域: 香港シンガポールインド中東
関連業種: 金融建設・不動産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地へ移り住むと決まっ…(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

ダイキアクシス、北部に浄化槽工場(09/22)

日立造船、マハ州初のごみ焼却発電所を受注(09/22)

ヤマハ、スポーツバイクの新モデルを発売(09/22)

地場電動二輪、半年で15億ルピー投資へ(09/22)

メルセデス、車両の輸入関税の引き下げ要請(09/22)

伊ピアッジオ、地場の新興物流企業と提携(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン