【南部特集】日産、年10万台は通過点:第3級都市に販売網拡大へ

南部タミルナド州チェンナイを拠点に、日系自動車メーカーとして最大手マルチ・スズキに次ぐ生産能力を備える日産・ルノー連合。3月には年産能力40万台を実現する。インド日産として掲げる来年度の国内販売目標10万台は「あくまで通過点」とし、早期に第3級都市を含めた販売網の…

関連国・地域: インド日本中南米中東アフリカ
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地でストレスを感じる…(11/15)

ルピー安は来年3月まで継続 格付大手$1=71~75ルピー予測(11/15)

パナ傘下アンカー、新工場の設置を検討(11/15)

東芝の白物家電、20年にインド販売再開へ(11/15)

マルチ、来年4月に「ジプシー」生産終了も(11/15)

商用車アショク、7~9月は2桁の増収増益(11/15)

首都の大気汚染、CNG車以外の走行禁止も(11/15)

ヒンダルコ、アルミ事業で600億ルピー投資(11/15)

米イートン、南部に航空機部品の工場を設置(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン