• 印刷する

韓国製コロナ治療薬、海外で使用許可取得

韓国のバイオ医薬品大手セルトリオンは20日、自社が開発した新型コロナウイルス感染症の抗体治療薬「レッキロナ」(成分名・レグダンビマブ)について、インドネシア保健省の医薬品食品監督庁(BPOM)が17日付で緊急使用許可(EUA)を出したと発表した。

レッキロナはこのほど、インド由来の新型コロナウイルス変異株「デルタ株」に対する動物実験でその有効性が確認された。セルトリオンはレッキロナについて、インドネシアでの新型コロナ感染症の拡散防止に大きな役割を果たすと期待している。

レッキロナが海外でEUAを取得したのは今回が初めて。セルトリオンはグローバル市場の攻略に向け、各国の保健当局との交渉を進めている。

セルトリオンの新型コロナ治療薬「レッキロナ」(同社提供)

セルトリオンの新型コロナ治療薬「レッキロナ」(同社提供)


関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者1896人増(14:59)

ワクチン接種、1回目38万人増(14:59)

SKハイニックス、2Q営業益は38.3%増(16:34)

LGDの2Q営業損益、黒字転換に成功(16:34)

テイクオフ:教育熱心な韓国だが、子…(07/28)

4~6月成長率、前期比0.7% 民間消費が12年ぶり高水準(07/28)

コロナ新規感染者、1365人増(07/28)

現代自、グルガオンの新本社ビルが完成(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン