【タイ政治社会の潮流】硬性憲法 第353回

コロナ禍のタイでは、このところ青年層を中心とした反政府運動も大きな盛り上がりはなく、一種の休戦状態にあると言えるのかもしれない。 そうした中、22日からきょう24日まで開催されている国会での憲法改正審議に向かって、久しぶりに国会が活気づいているという。現「仏暦2560…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

感染者5896人、刑務所で1127人確認(4日)(12/04)

新規感染者4912人、死者は33人(3日)(12/03)

首相、現時点で国境は閉鎖しないと強調(12/03)

ラオス中国鉄道が開通、「債務のわな」懸念(12/05)

車部品決算、7社が増収増益 洪水やコロナで供給網に影響も(12/03)

新規感染者4971人、死者は33人(2日)(12/03)

ノックエア、外国人受け入れ後も利用客低調(12/03)

電力SP、タイの石炭最大手バンプーと提携(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン