帰国させる理由ない=京都大・中西准教授

【共同】京都大の中西嘉宏准教授(ミャンマー政治研究)の話  ピエ・リヤン・アウン選手が帰国した場合、現在の情勢では国軍側から迫害を受ける可能性がある。本人が日本への滞在延長を希望するなら、日本政府として帰国させる理由はない。試合で3本指を掲げ軍政に抗議したこと…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ死者397人、陽性率35%(08/03)

国軍総司令官が暫定首相に ASEAN特使受け入れを表明(08/02)

政変から半年、国軍が民主派排除(08/02)

日メコン会議が来週開催へ、軍政も参加(08/02)

米長官、ASEAN会議に参加へ(08/02)

死者392人、陽性率は過去1週間で平均36.6%(08/02)

刑務所でワクチン接種開始、首都とヤンゴン(08/02)

医療崩壊、重症患者も入院できず(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン