マサン、中国アリババと小売り事業で資本提携

鉱山開発や食品製造販売などを手掛けるベトナムの複合企業マサン・グループは18日、小売り事業で中国の電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(浙江省杭州市、アリババグループ)と資本提携すると発表した。アリババ傘下のEC大手ラザダなどとの協力関係を構築し、ベトナムでの…

関連国・地域: 中国香港ベトナムシンガポール
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

南部に労働者戻り始める、1日数千人(10/20)

市中感染3027人増、4波累計86.6万人(10/20)

カントー市、店内飲食やバーの再開許可(10/20)

ビナケム、化学品ドゥクザンの全株式売却へ(10/20)

アジアIT人材が遠隔勤務、パソナが紹介(10/20)

大手国営11社、累積赤字が11兆ドン(10/20)

これまでのコロナ対策支出は30兆ドン、政府(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン