TSMC、奇美実業から水道水調達へ

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は5月にも、台湾化学大手の奇美実業から水道水を調達する契約を結ぶ見通しだ。再生水と水道水の使用枠を交換する。同様の契約は台湾で初めて。深刻な水不足が続く中、企業の再生水使用を促す制度とし…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 化学IT・通信電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

高雄の火力発電所が停止、400万戸に影響(05/14)

新型コロナ、新たに13人が域内感染(05/14)

万華区訪問者へ警告、感染拡大で(05/14)

飲食店や商業施設、コロナで「実聯制」導入(05/14)

各大学がオンライン移行、警戒度引き上げで(05/14)

IT大手がコロナ対策、来客禁止など(05/14)

鴻海のインド工場幹部、台湾に帰還(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン