• 印刷する

エアアジアX、4路線の運休を発表

格安航空エアアジアの長距離部門エアアジアXは12日、事業効率化の一環として、4路線を運休すると発表した。

運休するのはムンバイ便、ニューデリー便、ロンドン便、パリ便の4路線。ムンバイ便(週4便)は1月31日を最終便として運休する。ニューデリー便(週7便)は3月22日を最後に運休。3月は週7便から4便に減便する。パリ便(週4便)は3月30日、ロンドン便(週6便)は3月31日を最後に運休する。

運休日以降の航空券をすでに購入した消費者には、代替路線を選択肢として提供する。

アズラン・オスマン・ラニ最高経営責任者(CEO)は「英国の航空旅客税の上昇や、インドとマレーシア間のビザ(査証)規制の継続などで、低コストを維持するのが難しいため運休を決定した」と述べた。

■4月にシドニー就航か

一方、エアアジアXは4月1日にクアラルンプール~シドニー便を就航するとの現地報道もある。

12日付スターが同社幹部の話として伝えたところによると、近日中に航空券の発売を開始する計画。運航スケジュールは未定だが、毎日運航を検討しているという。

エアアジアXは3年前からシドニー路線運航を申請していたが、同路線を運航するマレーシア航空(MAS)の政府への働きかけもあり、当局の認可が下りなかった。

ただ昨年8月にMASと資本提携したことで、エアアジアXの参入が可能になったとみられる。MASは現在、シドニー路線を1日2便運航している。エアアジアXの就航により、減便するかどうかは不明だ。


関連国・地域: マレーシアオーストラリアインド欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー系マレーシア人の…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

港湾規模の格差がさらに拡大 対シンガポール、国家政策が必要(02/21)

RM=27.2円、$=4.07RM(20日)(02/21)

KTM複線改良事業、工事費35%圧縮へ(02/21)

不動産市場は今年も低迷、供給過剰など影響(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

サンウエー建設、テナガ本社の改築受注(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

ボーステッド、ブキビンタンのホテル売却へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン