英ワクチンは4~6月供給へ 接種計画には民間病院から異論も

マレーシアで米製薬大手ファイザー製に続いて承認された英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンの供給開始が、4~6月になる見通しだ。政府はすでに両社など5社・機関と供給契約を結んでいるが、さらに米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)からのワクチン調達にも…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで華人として…(04/22)

デジタル銀の存在感限定的か 新技術導入、大手2行が先行(04/22)

3月新車販売、ベース効果で各社大幅増(04/22)

RM1=26.3円、$1=4.12RM(21日)(04/22)

モータースポーツで官民連携、プロドゥアなど(04/22)

ビナプリ、ネパール最高裁庁舎工事を受注(04/22)

HIL、ス州の住宅開発で3社と合弁(04/22)

建設インタビナ、ス州で高層住宅の建設受注(04/22)

鉄道公社、自宅―駅間移動で配車アプリと提携(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン