• 印刷する

コロナ接触者追跡アプリ、普及率9割近くに

シンガポールで、新型コロナウイルス感染者との接触者を追跡するアプリ「トレーストゥギャザー(TT)」の普及率が9割近くに達した。接触者を特定する時間も大幅に短縮されているという。

政府は居住者に対し、スマートフォンにTTアプリをダウンロードするか、TTアプリを搭載した端末「TTトークン」を持ち歩くよう求めている。

首相府傘下のスマートネーション・アンド・デジタルガバメント・オフィス(SNDGO)によると、現時点の利用者は470万人。同アプリの普及と訪問者登録システム「セーフエントリー」の導入で、現在は接触者特定までの時間が従来の平均4日から1日半に短縮されている。

TTを巡っては、政府がデータを新型コロナ感染防止対策にしか使用しないと約束していたが、犯罪捜査に活用されていることが発覚。同アプリから収集した個人データの転用は重大犯罪の捜査に限るという法令が2月1日に成立した経緯がある。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染20人、市中は1人(19日)(17:59)

電動バイクメーカー、運輸大手と販売提携(17:33)

医療テック企業、コロナ禍で急増(17:21)

不動産テック企業、有力法律事務所と提携(16:02)

テイクオフ:新型コロナウイルスワク…(04/19)

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン