• 印刷する

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…

長引くコロナ禍に、最後に日本を出国したのはいつだったかとスマホのスケジュール帳を確認すると、昨年2月、行き先はマニラだった。同25日に帰国したため、ちょうど1年間、日本にいたことになる。当時のマニラはマスクを着用する人が増えていたが、ここまで長期化するとは全く予想できなかった。

海外に行けないため、地図アプリで表示される毎月の移動距離は大きく減った。かつては1万キロを超える月もあったが、今は多くても数百キロ。在宅勤務と緊急事態宣言で、行動範囲はかなり狭まった。

一方で、健康維持を目的に始めたウオーキングにより、スマホの歩数メーターの数値は上昇を続けている。夜はまだ寒く腰が重い時もあるが、暦はもうすぐ啓蟄(けいちつ)。地中から出て活発に行動する虫たちのように、再びアジアの街角を自由に散策する日を想像しつつ、今は力を蓄えたい。(中)


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

LINEバンクが開業、最短6分で口座開設(04/23)

テイクオフ:東京のコンビニエンスス…(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

ホンダ、「ウェーブ125i」の新型車発売(04/23)

【アジア三面記事】東南ア最高峰のデジタル化(04/23)

東京モーターショー中止、コロナ再拡大で断念(04/23)

トヨタが水素エンジン開発、脱炭素へ量産化目指す(04/23)

JAL、シドニー―成田便を6~8月運航(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン