• 印刷する

テイクオフ:家と家の間は狭く、人1…

家と家の間は狭く、人1人が通れるほどしかない。日当たりも悪く、地面は生活排水でぬれている。近くを流れる川は泡立っていたり、ゴミが浮いていたり、健康に影響がありそうだと思わざるを得なかった。

貧困の実態を知ってもらおうと、現地のNPO 法人が開催していた見学ツアーで港近くの貧困街(スラム街)に行ったときのことだ。「見世物じゃないぞ」と聞こえてきそうで緊張したが、「お互いに助け合って生活しているの」と、幼子を抱えながら話してくれた母親の笑顔が印象的だった。

日本では高架下などで風をしのげる場所に、段ボールを敷いてたたずんでいる人を見かけることがある。通りがけに見た表情はうつろ。様々な考えを巡らせながら、頼れる人はいるのだろうか、などと無責任にも考える。当地で見た表情との違いは「バヤニハン(助け合い)の精神」によるものだろうか。(凪)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南ア型変異株、新たに52人の感染確認(15:13)

従業員向けにワクチン調達 大手企業、無料で接種促進へ(03/05)

ワクチン第2弾到着、アストラゼネカ製(03/05)

コロナ感染新たに2452人、計58万4667人(03/05)

ピナツボ火山、警戒水準「1」に引き上げ(03/05)

無印良品、オルティガス店を改装(03/05)

セブン銀、ATM事業を開始(03/05)

労働相、従業員へのワクチン強要は「違法」(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン