• 印刷する

国営コンテナ、東西間で鉄道輸送を開始

インド国営のコンテナ輸送会社、インド・コンコール(CONCOR)は、東部・西ベンガル州シャリマールで運営するコンテナターミナルから西部マハラシュトラ州のジャワハルラル・ネルー港への鉄道輸送サービスを開始した。ビジネス・ライン(電子版)が18日に伝えた。

CONCORによると、最初の列車は16日にシャリマール駅を出発した。輸送した貨物量は90TEU(20フィートコンテナ換算)。製品は、地場鋼管大手エレクトロスチール・キャスティングス(ECL)が生産したダクタイル鋳鉄管だった。これらの貨物は、最終的にカタールのハマドに輸出されるという。

CONCORは今回の鉄道によるコンテナ輸送サービスの導入について、東部からの輸出促進につながるとコメントしている。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン輸出にアクセル 47カ国に供給、純国産も本格展開へ(03/05)

タイ製タイヤにAD関税適用せず、財務省(03/05)

ジャガー、EV投入に向けた販売態勢構築(03/05)

車部品団体、ハリヤナ雇用法の再考を要求(03/05)

家電バジャジ、物流マヒンドラに配送委託(03/05)

インド、ロシアにエネルギー事務所開設(03/05)

海外ソフトウエア購入、源泉徴収税の対象外(03/05)

太陽光発電の直接取引、デリーで試験事業(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン