外資系企業、11年ぶりに減少 コスト重荷か、本土系が存在感

香港に拠点を置く外資系企業(中国本土系企業を含む)の数は2020年6月1日時点で9,025社で、過去最多を記録した19年の9,040社から15社(0.17%)減少した。新型コロナウイルス感染症の世界的流行による企業業績の悪化でオフィス賃料を含むコストが重荷になったことや、昨年以来の…

関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外旅行ができなくなっ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

20年の輸出受注が過去最高額 1割増の5336億米$、ITけん引(01/21)

株高効果、高級住宅市場沸く マネー流入、「新富裕層」出現(01/21)

5日続伸、大量資金で大商い続く=香港株式(01/21)

新たなコロナ感染者77人、累計9797人(01/21)

昨年の訪日香港人85%減、2年ぶりマイナス(01/21)

EGLがガイド120人解雇へ、従業員の25%(01/21)

「理財通」は債券に重点=金融管理局幹部(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン