• 印刷する

コロナワクチン供給、アストラゼネカと契約

タイ政府は27日、新型コロナウイルスのワクチン調達と国内生産に向けた技術移転について、英アストラゼネカと正式に契約を締結した。ワクチンは2,600万回分を確保する。

保健省疾病管理局(DDC)のオパート局長、国家ワクチン機関のナコーン長官、アストラゼネカのタイ法人アストラゼネカ・タイランドのジェームズ・ティーク社長がタイ首相府で契約書に調印した。プラユット首相、バイオ医薬品メーカーのサイアム・バイオサイエンスのサティポン会長らが立ち会った。

プラユット首相によると、ワクチンは2,600回分を調達する。28日付バンコクポストの報道では、1,300万人が2回接種する計画だといい、来年の適切な時期に接種を開始する。

政府は、ワクチン調達と国内生産のために、60億バーツ(約206億円)の予算を準備している。国内生産は、アストラゼネカから技術移転を受け、国家ワクチン機関がサイアム・バイオサイエンスと共同で実施。サイアム・バイオサイエンスのバンコク北郊パトゥムタニ県の工場で生産する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでの新型コロナの第…(01/18)

日系昇給率、21年は3.2%予測 コロナで4割賃上げ未定=NNA(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

市中感染364人、9割が首都西郊(17日)(01/18)

タイから帰国の労働者感染、69人に(01/18)

市中感染209人、首都で男性死亡(16日)(01/18)

市中感染154人、628人が回復(15日)(01/18)

MG、20年の新車販売7%増の2.8万台(01/18)

水産品輸出額8%減、単価下落で(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン