政府のEV構想、必要な投資は3.5兆ルピー

2030年までに道路を走る車両の30%を電気自動車(EV)にする政府の構想を実現するためには、向こう5~7年間でメーカーによる計3兆5,000億ルピー(約4兆9,500億円)規模の設備投資が必要となる。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が25日に伝えた。 地場コンサルティ…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

高速鉄道の鋼橋、IHIインフラなどが受注(19:21)

テイクオフ:日本の若いユーチューバ…(01/28)

タイヤ業界の利益が改善 20/21年度最大8%増、販売減でも(01/28)

廃車政策、公用車対象に22年4月導入(01/28)

建設やアニメ、政府がFDI規制の緩和検討(01/28)

民間雇用の7割を州民に=ジャルカンド首相(01/28)

CSR規定改正、拠出の透明性と柔軟性強化(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン