食品工場の児童就労を当局が調査、ヤンゴン

最大都市ヤンゴンのダゴン・セイッカン郡区にある食品工場で発覚した児童就労問題で、ミャンマー社会福祉・救済復興省は調査の上で必要に応じ法的措置を講じる方針を示した。電子メディアのイラワジなどが23日伝えた。 問題になっているのはダゴン・セイッカン郡区にある餃子やケ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染、500人未満が2日連続=17日夜(17:55)

レオパレス21、越法人を中和石油に売却(17:43)

ミャウーを非戦闘地域に、宗教文化相が提案(17:55)

コロナが企業統治の改善契機 IT化や情報公開が進展=英団体(01/18)

新たな感染491人、減少傾向続く=16日夜(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/18)

商業用不動産の市況が悪化、店内飲食禁止で(01/18)

農業省がダムの増設を検討、雨量減少で(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン