• 印刷する

テイクオフ:台湾人に倣ってマイボト…

台湾人に倣ってマイボトルを携帯することが増えた。気候の暖かさに加え、タピオカドリンクの発祥地でカフェ文化も根付く台湾では、飲料を購入することが多い。一方で、プラスチックごみによる海洋汚染が問題になっており、マイボトルの持参が身近なエコ活動の1つとなっている。

かねて道端や登山道で無料で水や茶を提供していた「奉茶」の風習が現在に受け継がれているのもありがたい。現地紙によると、現在では商店や企業など全域でおよそ6,000台の奉茶用サーバーが設置されているらしい。この古くからの風習が、環境保護としての役割も担っている。

マイボトルのみならず、セルフ式レストラン「自助餐」では容器や箸を持参する人も時折見かける。政府や企業が行う取り組みだけでなく、個人でできることも多い。今一度生活を見直してみよう。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

公共事業の民間誘致、20年契約額は10年最多(18:17)

新型コロナ、1人の域内感染を確認(18:30)

テイクオフ:春節(旧正月)を来月に…(01/20)

鴻海がベトナム投資加速 今年7億米ドルか、リスク分散へ(01/20)

通信3社、マザーボードなどを相次ぎ値上げ(01/20)

中華電信、亜洲新湾区の通信網整備に3億元(01/20)

信邦電子、21年売上高は過去最高も(01/20)

中天生技、海外事業の展開を今年加速へ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン