外貨準備高1049億ドル、半月で3億ドル増

マレーシア中央銀行は20日、11月13日時点の外貨準備高が1,049億米ドル(約10兆9,000億円)だったと発表した。前回発表(10月30日時点)から3億米ドル増加した。 外貨準備高は、輸入額の8.6カ月分、短期対外債務の1.2倍に相当する。 外貨準備高の内訳は、外貨資産が952億米ドル、…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアは、国民の約…(11/30)

10月の貿易黒字は26%増 資本財など輸入落ち込み(11/30)

RM1=25.6円、$1=4.07RM(27日)(11/30)

新規感染1309人、首都493人で最多(11/30)

コロナワクチン調達、米ファイザーと契約(11/30)

銀行大手3行、3Qは最大手含む2行が減益(11/30)

4Qの企業信頼感指数、悲観圏も大幅改善(11/30)

税関協力協定を来年締結へ、成長の三角地帯(11/30)

外国人労働者の検査、12月から雇用主の義務(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン