「カラオケ禁止令」、在宅学習の邪魔は駄目

【共同】その歌声は“騒音”です―。フィリピン・マニラ市は10月、カラオケ機器の日中の使用を禁止する条例を制定した。新型コロナウイルスの影響で子どもたちは在宅学習を余儀なくされており、騒音が勉強の妨げになるのを防ぐ狙いだ。娯楽を奪われた「のど自慢」たちからは嘆き節…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:対面授業ができない異例…(12/01)

外出制限、年末まで延長 首都圏など、Xマスに感染対策(12/01)

ワクチン供給、英アストラゼネカと契約(12/01)

コロナ感染新たに1773人、計43万1630人(12/01)

アロヨ元大統領、クラーク開発の顧問に(12/01)

三井E&S、孫会社の比法人を子会社化(12/01)

運輸省、海運業者の港湾使用料援助(12/01)

比人の外国人配偶者ら、帯同で入国許可(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン