群創、パネル市場は来年いっぱい活況

台湾の液晶パネル世界大手、群創光電(イノラックス)の洪進揚董事長は21日、「パネル市場は2021年の1年間、活況が続く」との見方を示した。巣ごもり消費による恩恵が続くとの考え。22日付自由時報が伝えた。 洪董事長は、韓国メーカーの事業縮小に加え、ノートパソコンやタブレ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

インテグリス、高雄に追加投資=計5億米$(19:15)

新型コロナの域内感染、34日連続ゼロ(18:07)

テイクオフ:フェイスブックかインス…(12/09)

外食業で値上げの波止まず 政府対策も、年明け以降も継続か(12/09)

TSMC、50年に温室効果ガス実質ゼロに(12/09)

熊本大、半導体拠点設立へ=人材育成で産業強化(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン