群創、パネル市場は来年いっぱい活況

台湾の液晶パネル世界大手、群創光電(イノラックス)の洪進揚董事長は21日、「パネル市場は2021年の1年間、活況が続く」との見方を示した。巣ごもり消費による恩恵が続くとの考え。22日付自由時報が伝えた。 洪董事長は、韓国メーカーの事業縮小に加え、ノートパソコンやタブレ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

友達が海外工場新設を検討、東南アが有力(12:25)

テイクオフ:会社の昼休みによく利用…(12/03)

11月の新車販売が4.6万台 同月最高、トヨタ車が押し上げ(12/03)

広達、21年のノートPC出荷3割増目指す(12/03)

鴻海系3社・団体、桃園航空城に進出へ(12/03)

穩懋、20年売上高と利益が過去最高か(12/03)

3銀行が鉄鋼業融資チーム、年最大240億元(12/03)

友銓電子がアパレル強化、2社の株式取得(12/03)

台船、資本金を2倍に=大型案件受注へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン