• 印刷する

現代自、技術革新センターに310億円投資

韓国の現代自動車は、シンガポールに技術革新センターを設置する(同社提供)

韓国の現代自動車は、シンガポールに技術革新センターを設置する(同社提供)

韓国の現代自動車は13日、シンガポールにイノベーション(技術革新)センターを設立すると発表した。約4億Sドル(約310億円)を投じ、モビリティー関連技術の研究・開発拠点や、電気自動車(EV)の生産拠点を建設する。2022年末までに完工し、25年までに年間最大3万台を生産する計画だ。

シンガポール西部のジュロン・イノベーション地区(JID)の4万4,000平方メートルの敷地に7階建ての施設を設置する。屋上には全長620メートルの試乗コースを設け、生産した車両を顧客が試運転できるようにする。

屋上にはこのほか、ソーラーパネルを設置して再生可能エネルギーを活用する。韓国で新産業として成長が期待されている都市航空交通システム「UAM」の離着陸場も設ける。UAMは電動式の垂直離着陸機(eVTOL)で、「空飛ぶクルマ」と呼ばれている。

シンガポールでは、気候変動対策として、40年までにガソリン車など内燃機関自動車を段階的に廃止することが決まっている。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

国内企業の業績悪化が強く作用 コロナ禍の経済低迷、金融庁報告(12/02)

トラベル・バブル、年内の実施見送り(12/02)

上場企業の業績、7~9月期は回復の兆し(12/02)

三菱ケミカルHD、企業統治強化で新会社(12/02)

電子書籍取次メディアドゥ、日系企業に出資(12/02)

キャピタランド、日本の物流不動産市場へ(12/02)

複合ケッペル、ベトナム南部の事業から撤退(12/02)

新規感染10人、ドミトリー居住者も(1日)(12/02)

テイクオフ:英国領だった当地には、…(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン