「現代の奴隷」、国際的批判 技能実習生というキャリア(下)

外国人技能実習制度は、新興国からの労働者を「現代の奴隷」として搾取するための枠組みとなり得る。ベトナムは日本向けに最も多く労働者を派遣しているが、技能実習制度の存在が大きい。米国の報告書で、強制労働の特定と労働者保護が不十分と批判されており、日本の評価を下げる…

関連国・地域: 台湾韓国ベトナム日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

不動産投信MLT、中国などで物流施設取得(16:04)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

日越が首脳会談、官民で12件の文書交換(10/20)

南北高速道、カインホア区間のプレFS提出(10/20)

ボーイング、技術開発で越の騒音問題解決へ(10/20)

ホーチミン道路、資金不足で290キロ未着手(10/20)

ハノイ都市鉄道2号線、進展わずか=人民委(10/20)

商業不動産、来年に市場回復=サヴィルズ(10/20)

重点エネルギー使用施設一覧、首相が公布(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン