外出制限、10月も緩和継続 マニラ首都圏、経済再開探る

フィリピン政府は29日、マニラ首都圏で敷いている外出・移動制限の緩和措置を来月も継続すると発表した。適用期間は10月1日から31日までとなる。新型コロナウイルスの感染はやや落ち着いているものの、一段の緩和で経済活動の幅を広げるのは危険と判断した。現行措置を維持して感…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:美の共演は男女を巻き込…(10/27)

日本郵船、船員サービス始動 まず個人融資、独自の審査基準で(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

コロナ感染新たに1607人、計37万1630人(10/27)

外出制限違反の逮捕者99%釈放、内務省(10/27)

マカティ市、地下鉄整備で道路利用権取得へ(10/27)

通信コンバージ上場、初日の取引低調(10/27)

〔セブ通信〕ファミマ、セブに小型店を出店(10/27)

マニラ空港の従業員、1.4万人失業も(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン