• 印刷する

トップグローブ、6~8月は17倍の増益

ゴム手袋製造・販売世界最大手であるマレーシアのトップグローブ・コーポレーションが17日発表した2020年度第4四半期(6~8月)決算は、売上高が前年同期比2.6倍の31億912万リンギ(約787億円)、純利益が17.4倍の12億9,200万リンギだった。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で、医療向けを中心に需要が伸び、販売量が43%増えた。

トップグローブは、需要増を受けグループの生産施設がほぼフル稼働状態が続いている中、継続的に取り組んでいる生産性の向上に加え、人件費や天然ガスのコスト削減が、大幅な増益につながったと説明した。

販売量は、前期(20年3~5月)比でも5%増え、売上高は84%増加した。第4四半期の需要は、ニトリル手袋が前年同期比31%と大きく伸び、天然ゴム製の検査用手袋も7%増加した。地域別では、アジア向けが2.1倍、西欧向けが73%、東欧向けが64%それぞれ拡大。需要拡大で平均販売価格(ASP)も上昇した。

20年8月通期は、売上高が前期比51%増の72億3,632万リンギで、過去最高となった。販売量は17%増加した。純利益は5.1倍の18億6,700万リンギだった。

トップグローブは、ゴム手袋市場の成長率が、新型コロナ前の年率10%から約15%に上昇するとみており、生産能力の増強を続ける。今年10月には、同社初のベトナム工場(年産能力24億枚)が稼働する予定。21~26年には80億リンギの設備投資により、グループの年産能力を1,000億枚追加する計画だ。

リム・ウィーチャイ会長は「ゴム手袋の需要拡大は続いており、当社の業績は今後さらに良くなる」との見通しを示した。

同社は現在、化学工場やコンドーム工場などを含めマレーシア国内で41カ所、タイで4カ所、中国で1カ所の計46カ所の工場を操業。ゴム手袋の年産能力は855億枚となっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所にある古い団地内の…(10/27)

首都圏の条件付制限令を延長 来月9日まで、新規感染増を懸念(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

新規感染1240人、過去最多更新(10/27)

RM1=25.2円、$1=4.17RM(26日)(10/27)

隣国から電力輸入、2年間の試験事業公募へ(10/27)

エネオス、住商とサラワクで水素製造検討(10/27)

9月のメーカー別新車販売、上位軒並み増加(10/27)

ゴールドマンに罰金、過去最高3.5億米ドル(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン