中老鉄路の工事進捗、8月末で91%

ラオスの首都ビエンチャンと中国国境を結ぶ「ラオス・中国鉄道(中老鉄路)」の敷設工事の進捗(しんちょく)率が、8月末時点で91.11%に達した。5月末時点では89.43%だった。完工は2021年を予定する。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が17日に伝えた。 事業管理委員会が15日…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

電力公社、EV分野で中国企業と協力へ(10/23)

ラオス南部の新鉄道計画、タイ企業と覚書(10/22)

約40日ぶりに確認、24人目のコロナ感染者(10/22)

バンビエンのSEZ、事業化調査完了(10/21)

ルアンパバーン、観光客誘致にインフラ整備(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン